2019年で一番個数が売れたオリジナルキャップ作成。

合同会社ユニフォームクローゼットを運営するhuma worksです。 12月もスタートし2019年もあとわずか、僕の提供するサービスを紹介するきっかけとして2019年で一番数量が売れたサービスをご紹介致します。 創業当初 […]

[スポンサードリンク]

合同会社ユニフォームクローゼットを運営するhuma worksです。
12月もスタートし2019年もあとわずか、僕の提供するサービスを紹介するきっかけとして2019年で一番数量が売れたサービスをご紹介致します。
創業当初からサービス提供をしていたので、ホームページへご訪問いただけるお客様の中でオリジナルキャップ作成をしたいというお客様が今のところ一番多いように思います。中でも一番個数が売れた人気のサービスをご紹介したいと思います。

キャップの紹介

種類も豊富

オリジナルキャップ作成とひとくくりにご紹介したとしても実は様々なサービスを展開する事が出来るほど汎用性も高く、無地キャップの種類もものすごく豊富な為、今回は、「個数が売れたアイテム」に焦点を絞りたいと思いますので、アメリカンメッシュキャップに限定した投稿内容にさせて頂きます。

アメリカンメッシュキャップ詳細

アメリカンキャップの前立て

アメリカンキャップの裏側

アメリカンキャップの後ろ側

ここで言うアメリカンメッシュキャップは、フロント部分(前立て)ばウレタンでスポンジのような素材でツバも似たような素材を使用した柔らかな雰囲気のキャップです。側面から後頭部にかけてはパリっとしたメッシュ素材になっており通気性も高い通年を通して着用できるオールマイティなキャップです。
前立てに縫い目がないM型のカタチをしており、無地部分にシンプルなロゴやインパクトのあるプリントが入ったものを良く見かけます。
今回は、このようにもともと無地のキャップに対してオリジナルデザインをプリントが出来るというサービスをご紹介させて頂きたく思っています。

オリジナルキャップ作成

キャップ作成の概念

オリジナルキャップ作成の概念として、「無地キャップ」+「オリジナルデザイン」というのがオリジナルキャップというサービスです。今回はプリントの話になりますが、別途刺繍加工やラインストーン・立体加工などの熱プレス加工などほかにも色々作成する方法はありますが、基本、無地のものにオリジナルデザインを加えるという事がサービスの基本概念となります。

作成の流れ

では、サービスの流れをご紹介します。オリジナルキャップ作成は、その名のとおりお客様のオリジナルデザインをプリントする為、まずどんなデザインをプリントするのかを考える必要があります。

デザインの用意
1.プリントしたいデザイン
オリジナルキャップ作成をする際に、まずどのようなデザインをプリントするかを考え、デザインを用意する必要があります。もしくは、およそのイメージをデザイナーに作ってもらう必要があります。
無地のキャップの用意
2.無地キャップの用意
お客様のデザインをプリントしたいキャップを用意する必要がありますが、huma worksのサービスは無地キャップ自身も様々用意していますので、お気軽にご利用頂けます。
プリントのサイズ
3.プリントのサイズ
基本的に既製品にプリントを入れる為、プリントサイズに限界が生じてしまいますが最大サイズで「W 110mm × H 60mm」でデザインをプリント可能です。
プリント完成
4.プリントはお任せを。
キャップへのプリントに関しては、huma worksは得意分野ですので安心した依頼していただければと思っています。

上記1~4まで数字を付けましたが、順序は必ずその通りになるものでもありませんのであくまで参考の数字として取り扱ってください。

なぜ一番個数が売れたのか。

どうしてアメリカンメッシュキャップ作成のサービスが2019年で一番個数が売れたのだろうか?huma worksが取り扱うアメリカンメッシュキャップは「ノンブランド」のモノを使用しておりコストパフォーマンスも高く、イベントなどでスタッフとして着用したり、ノベルティとして皆様に配ったりする事も多く、たくさん作成される方も多いのです。
海外の映画やドラマを見ていて、ティッシュを配るような要領で、メッシュキャップを街中で配る光景をたまに目にしますが、このような記念品・ノベルティとしての扱い方も一般的なのかもしれませんね。
またそれなりのクオリティなのでブランドとして販売される方もいらっしゃいます。
コスパが高いのにオールマイティに使用できる事が人気の秘訣なのかもしれませんね。

おまけ

今回「個数」という側面でのお話でしたが、実は一番件数が売れたのはアメリカンメッシュキャップではなく、ベースボールキャップに刺繍を入れるサービスでした。

プベースボールキャップ作成
ベースボールキャップ作成。
予め用意したデザインフォントを使用して文字に限定してベースボールキャップを作成するオリジナルキャップ作成サービスです。

予め用意した文字を使用する事で型代もかからず1個から作成できるという観点から個人で購入されるお客様が多かったというのが件数が一番多かったという理由につながったのだと思います。

オリジナルキャップ作成サービスに興味がありましたら一度「合同会社ユニフォームクローゼット」のサービスを除きに来てくださいね。

[スポンサードリンク]

Weekly

今週一番閲覧された記事をランキング形式で表示しています。人気になるには何か魅力があるんですね。是非皆様も読んでみて下さい。