ハマワークス | 大阪で活動するウェブクリエイター

WordPress テンプレートパーツですっきりしたコーディング作業。

ハマワークスのアイコンです。こんにちは、ハマワークスです。WordPressのテーマ制作やカスタマイズにおいてすっきりと管理しやすいコードの書き方で作業効率を高める方法の一つをご紹介致します。

スポンサードリンク
  • 最近、WordPressのファイルに書き込むコードが膨大になってきて、カスタマイズ時にこのコードであっているのか、ひやひやしながらコード編集をしているハマワークスです笑。

    テンプレートパーツ分け作業について。

    今回のタイトル内容は、ファイル内に書かれているコードをパーツ化して、ファイル内をすっきりさせて管理しやすくする為の方法についてまとめてみました。

    WordPressでファイル内を編集した事のある方なら、ヘッダーとかフッターとかファイルが別々に用意されており、下記のようなコードで呼び出しをしているのを目にした事があるかもしれません。

    <?php get_header(); ?>

    このような呼び出しに関するタグがWordPressではとてもたくさん存在しています。
    正式名称かどうかわかりませんが、テンプレートタグという名前で呼ばれているようですね。
    ※興味がある人は、下記WordPress Codex日本語版にて参照できます。

    参考資料 - WordPress CODEXに用意されているテンプレートタグについてさらに詳しく知る事ができます。

    WordPress CODEX テンプレートタグについての記述。

    呼び出しのタグが網羅されていて、とっても便利なページなので、是非参考にしてみてくださいね。

    自作のテンプレートパーツ作成。

    元々用意されているテンプレートのタグの呼び出しについては、今回の内容の意図とは外れてしまうので割愛致しますが、自作のテンプレートパーツを作成して、複雑化したファイル内をすっきり整理整頓しましょう。
    というのが今回の意図になります。

    テンプレートタグを何のために利用するのか。

    利用目的については、人それぞれですので、一概に言えないのですが、僕の場合、下記画像のような状況が増えてきたので、編集作業の事も考えて、テンプレート分けをしているという感じです。

    ま、わざわざテンプレート分けしなくても、WEBサイトの表示に関わる事ではない為、臨機応変でいいのかもしれませんが、実は、パーツ分けしておけば、のちのちブロックを積み立てるようにコーディングに機能を持たせることが簡単になりますね。

    余談ですが、テーマ制作を倍速にすることなんて出来てしまうのです。

    使用するテンプレートタグ。

    では、本格的な内容です。
    今回使用するのは、下記の種類のテンプレートタグです。

    <?php get_template_part(); ?>

    意味としては、()内で指定したファイルをこのコードを貼り付けた場所に呼び出しますよ。
    といった感じのコードですね。

    僕が実現させているのは、フォルダの中にファイルを用意しておいて、それを呼び出しているという内容です。

    ま、フォルダに入れておいた方が、WEBサイトを構成するファイル構成がシンプルで分かりやすいので、そのようにしています。

    自作テンプレートタグの使い方。

    実際の使い方についてですが、テンプレート分け作業なんて難しそう・・なんて思われるかもしれませんが、「え?これだけ」というほど簡単なので、是非チャレンジしてみてくださいね。

    <?php get_template_part( 'folda1/folda2/filename','subname'); ?>

    先ほど紹介したタグの ( )内 に別途用意したファイルの場所とファイル名を指示すれば完成です。
    下記イメージで解説致します。

    ()内には、ファイルの場所を表示するのですが、重複したファイル名がなければ、()内の左側の”内だけの情報で大丈夫です。
    WEBサイトのindexがある場所から見ての階層になります。
    /folda1/folda2/filename.phpという内容になります。

    僕の場合、投稿一覧を例えばpostfileという名前で使用していますが、postfileを新着を表示するコード、閲覧数順で表示されるコード、ランダムで表示されるコードなどいくつかの種類に分けておりますので、postfileにハイフンをつけてそれぞれの内容を示すsubnameをつけて管理しています。

    実は、これだけなのです。
    普段frontpageに書いているコードをごっそりコピーして別のファイルにコピペして、テンプレートタグを使って呼び出すという内容ですね。
    僕が以前思っていたよりテンプレート分けの作業って簡単ですね。

    実際、わざわざ階層を増やしたりしてややこしくしなくてもいいとは思いますが、自分の運営方針にあった管理方法をしていただければと思います。

    効率の良いコーディングをこころがけよう。

    以前の僕は、WEBサイトのファイルやコードなど自分だけしか利用しないので、ちょっとくらい複雑でもあまり気にせず、コードを積み上げていたのですが、誰にでもわかりやすくを念頭に作業をしていると、整理整頓って大事だなと感じるようになりました。

    おかげで、ファイル内がすっきりし、いざ大幅な更新が必要となっても、変更場所が明確になりとても効率が上がりました。

    まだ、やったことが無いという方がいらっしゃったら、是非、今後のアイデアとして今回のブログを参考にしていただければと思います。

    それでは、良きコーディングライフをお過ごしくださいね笑。

    スポンサードリンク
  • ハマワークスのアイコンです。当サイトハマワークス | 大阪で活動するウェブクリエイターは、ハマワークスが運営しています。

    ハマワークスは、関りのある皆様にウェブサイト運営をする為の仕組みを提供し、活動に専念頂けるようお手伝い致します。