WEBクリエイターがウェアブランドを立ち上げるの巻。

こんにちは、色々と好奇心旺盛なWEBクリエイターのhuma studioです。 いきなりの報告になるのですが、Tシャツ・キャップを軸としてウェアブランドを立ち上げる事にしました。 ウェアブランド WEBクリエイターとして […]

[スポンサードリンク]

こんにちは、色々と好奇心旺盛なWEBクリエイターのhuma studioです。
いきなりの報告になるのですが、Tシャツ・キャップを軸としてウェアブランドを立ち上げる事にしました。

ウェアブランド

WEBクリエイターとして活動するボクのウェアブランドです、その名も「PIGCODE」ピグコード。
いつもオリジナルTシャツであったりオリジナルキャップであったり「誰かのデザインをカタチにする事」が多い僕なのですが、今回リニューアルしたブログの勢いもあり能動的に何かを発信をしていくという決意もありウェアブランド立ち上げる事に致しました。
本来ならブランドコンセプトなど色々語りたいのですが、あえてコンセプトは語らずにデザインなどの展開していきたいと思います。
その意図は、デザインが増えるにつれて「そういう事か!」なんて真相が明らかになっていくというのも物語みたいで楽しいかな?なんて思いまして(笑)。
だから今回はブランド名とご連絡という事で投稿致しました。

テンプレートの準備

以上で投稿終わりといきたいのですが、少し尺が短すぎると思いますので、ブランド立ち上げに際してデザインをしていくにあたってのカンプ用のデザインデータも勢いで作成してみました。

6.2オンスのざっくりとした無骨なヘビーウェイト素材を使用致しますが、アメカジという言葉がお似合いのTシャツです。正直イラストではまったく伝わりませんね(笑)。

続いては、ウールブレンド素材のベースボールキャップ。ここ最近メジャーリーグでもよくこの手のフラットバイザーのキャップが着用されているのを目にします。帽子はファッション小物として欠かせないので是非製品化したいと思います。
こちらもイラストなので素材感はいっさい伝わりませんね(笑・笑)。

そしてフロントに縫い目のない5パネルのメッシュ系キャップ。ひとまずこれだけイラストを用意しておけばブランドのデザイン案を練ることができます。
「ウェアブランド」立ち上げますというのみで、たいして中身のない内容になってしまいそうだったのでイラストなどで尺をとってしまいましたが、ここまで読んで頂き大変感謝致しますm(_ _)m
でわ、ここまでで失礼致します。

[スポンサードリンク]

Weekly

今週一番閲覧された記事をランキング形式で表示しています。人気になるには何か魅力があるんですね。是非皆様も読んでみて下さい。